料理

高血圧は食事で改善しよう【生活習慣見直しガイド】

大きな特徴

食事

高血圧は、誰もがなる可能性があります。そもそも、高血圧の基準は、収縮期の基準が140mmHgで拡張期の血圧が90mmHG以上の場合をさします。血圧は、起床時から就寝時まで、変化していきますが、日頃から高い方の事を高血圧と言っています。また、75才以上の方や、糖尿病などの方によっては、基準となる数値が違ってきます。症状に応じて、合併症を防ぐ意味で、数値の基準が違ってきます。そして、もし、高血圧になったら、投薬治療や適度な運動や食事など、気を付けることがあります。特に食事の場合は、制限する事もあります。それは、塩分です。塩分を摂りすぎると、血圧が急激に上昇します。なので、日頃から、1日あたり、6g未満を心がけをするといいと思います。

他にも食生活で気を付けることがあります。塩分を控える方法として、薄味を心がけることが大事です。ドレッシングやソースなどにもお塩が含まれています。また麺類を食べる際には、おつゆはなるべく飲まないように、残しておきましょう。また、レトルト食品やインスタント食品にもたくさん、お塩が入っているので、注意するといいでしょう。もし、味が薄いと感じるのであれば、香辛料や、薬味をつけて味を楽しんでみるのもいいかもしれません。またお野菜を多めに摂取をすることでも大事です。なるべく、素材を生かしたものを選んで食事をする事が健康維持の助けとなるでしょう。また、よく咀嚼をすることで、少量であっても満腹になりますので、工夫してみて食事を楽しんでみるのもいいかもしれません。

Copyright© 2016 高血圧は食事で改善しよう【生活習慣見直しガイド】 All Rights Reserved.